釧路めぐみ幼稚園の歩み

釧路めぐみ幼稚園は、1948年10月に日本キリスト教団釧路教会の幼稚園として設立されたキリスト教(プロテスタント)の幼稚園です。
その後、1985年に学校法人釧路キリスト教学園釧路めぐみ幼稚園として生まれ変わり、園舎も1999年10月に現在の釧路町雪里に移転しました。その間に約3010名の卒園児を送り出しています。

又、2018年度(2018年4月)から認定こども園としてスタートすることになりました。(申請中)

創立以来、聖書と祈りに基づいた設立の精神は変わることなく、次の保育目標を持って、キリスト今日保育に当たっています。

 

めぐみ幼稚園の保育目標

  1. たくましい心身と生きる力を培う。
  2. ひとりひとりを大切にし自主的な子どもを育む。
  3. 恵まれた自然環境を通して、創造性と感性を豊かにする。
  4. 神様の愛に気づき、共に生きる喜びを体験する。

 

めぐみ幼稚園の特徴

★礼拝

毎日礼拝を守ります。週1回は全学年がプレイルームに集まり、合同礼拝を守ります。讃美歌を歌い、祈りをささげ、聖書の言葉やお話に耳を傾けます。月に1回献金をささげます。ささげられた献金は、福祉や災害補助のために寄付します。

 

★ゆとりある保育

遊びを中心にしたデイリープログラムです。子ども達が考えたり、話し合ったりする時間を大切にしています。子どもが自主的に提案したり、選びとったりしながら、自分たちで考え、話し合って計画を立て、互いに力を合わせて作り出す園生活です。その中で自主性や生きる力・協調性を養っていきます。

 

★自然環境を生かす保育

四季の移り変わりを肌で感じながら、湿原の中にある広い園庭でのびのびと遊びます。また、畑作りでは、じゃがいも・人参・トマト・キャベツ・ブロッコリー・玉ねぎ・枝豆・トウモロコシなどの野菜を栽培したり、飼育物の世話も行います。

 

★絵本に触れる保育

絵本コーナーがあり、クラスでの読み聞かせの他に、週1回「絵本タイム」の時間を持ち、子ども達に読み聞かせをしています。また、子ども達が色々な絵本に触れる機会が増えるように、公共機関から絵本を借りています。週1回絵本の貸し出しも行います。

 

★地域との関わり

花の日訪問、クリスマス訪問、子育て支援事業(にこにこクラブ)を行っています。

 

★プロの講師による体育指導(年長・年中児)

月に2回、楽しい中にもメリハリのある活動内容で、毎回子ども達もとても楽しみにしています。ボールや鉄棒、マット、跳び箱など段階を追って経験します。

★プロの講師による英語遊び(年長・年中児)

英語講師による手遊び・歌・ゲームなどで英語に親しみます。